Karin dummy
Karin.
Karin.(カリン)
2001年5月30日生まれ、シンガーソングライター。

2018年、初めて自身で曲を作り、地元のライブハウスのステージで歌い始める。
2019年6月8日、初ライブから満1年の記念日にデビューを発表、
同年8月7日、1st Album「アイデンティティクライシス」をリリース。
リード曲「愛を叫んでみた」がFMラジオ局8月度のヘビーローテーションに数多く選出され、
音楽リスナーの間で話題になった他、収録曲「青春脱衣所」は同年代の間で口コミが広がり、
Music Videoの再生回数が170万再生を突破した。

2020年に入り、Spotifyの“Early Noise 2020”や、
スペースシャワーTV “SPACE SHOWER RETSUDEN NEW FORCE”に選出され注目を集める。
2月12日に2nd Album「メランコリックモラトリアム」をリリース。
3月に高校を卒業した後、5月22日に「君が生きる街 - ep」、
8月21日に「知らない言葉を愛せない - ep」、
12月4日に「この感情にはまだ名前がない - ep」と、3作目のepをリリース。

2021年3月10日に3rd Album「solitude ability」、
5月12日には「solitude ability」の裏側にあるもう一つの物語として
Mini Album「solitude minority」をリリースする。
さらに、6月12日に初のワンマンライブ
「Karin. 1st Live “solitude time”」を無観客・生配信にて開催。
Karin.の楽曲からインスピレーションを経て制作された
短編映画「息をするように」(枝優花監督)では劇中音楽とエンディング曲を担当した。
その後、純猥談 短編映画 第3弾「私もただの女の子なんだ」の主題歌に
新曲「二人なら」を書き下ろし、10月27日、「二人なら - ep」をリリース。
11月からは、自身初のワンマンツアー「Karin. 1st tour “solitude time to end”」の開催が決定。

本当の自分の気持ちを知って欲しい、自分の居場所が欲しいという
ささやかな、けれど切実な願いから始まった、
ずっと押し殺してきた心を解放するためのKarin.の歌。
その歌を通して様々な人と出会い、新たな感情と大切なものに気づき始めた彼女は、
時に思い悩みながらもまたそれを歌に乗せ、奏でていく。
そんな彼女の歌は、この社会の片隅でそれぞれに思い悩みながらも呼吸を繰り返す人々の共鳴を呼ぶ。はず。